スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

面で魅力的で、かつ活発

JUGEMテーマ:こころ



覚えておこう、保険とは、突然起きる事故で発生した主に金銭的な損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者がそれぞれの保険料を出し合い、整えた資金によって事故が発生した際に規定の保険金を給付する制度ということ。
平成10年12月、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣を組織の委員長に据える新しい組織、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に2年余り整理されたのである。
まさに世紀末の西暦2000年7月、大蔵省(現在の財務省)より今度は金融制度の企画立案事務も移管しこれまでの金融監督庁という組織を金融再生委員会の指揮監督する金融庁として再組織した。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、内閣府直属の外局の「新」金融庁となった。
【解説】ペイオフってどういうこと?防ぐことができなかった金融機関の経営破綻が原因の倒産が起きた場合に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の規定によって保護の対象となった個人や法人等、預金者の預金債権について、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
であるから「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」以上、代表的な機能をあわせて銀行の3大機能と言う。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」といった業務、最も重要なその銀行の持つ信用によってはじめて実現できているものだといえる。
きちんと知っておきたい用語。外貨MMFについて。現在、日本国内で売買が許されている外貨建て商品のことである。一般的に外貨預金よりも利回りが良い上に、為替変動によって発生した利益が非課税であるというメリットがある。証券会社で誰でも購入可能。
紹介されることが多い「銀行の運営というものはその銀行に信頼があって勝者になるか、そこに融資する価値がない銀行であると審判されてうまくいかなくなる、二つに一つだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの名言)
約40年前に設立された預金保険機構が一定額までの預金保護のために支払う現在の補償額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"ということになっています。同機構は日本政府及び日銀ほぼ同じくらいの割合でだいたい同じ割合で
15年近く昔の平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の内部部局ではなく外局として国務大臣をその委員長と決めた新しい組織である金融再生委員会を設置し、現在の金融庁の前身である金融監督庁は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に約2年半組み入れられたのだ。
知らないわけにはいかない、ロイズって何のこと?イギリスの世界的に知られた保険市場なのです。同時に法の規定で法人とされた、保険契約仲介業者そしてそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
つまり外貨MMFというのは国内で売買してもよい外貨建て商品である。一般的に外貨預金よりも利回りが高いうえ、為替の変動によって発生した利益が非課税であるというメリットがある。証券会社で購入できる。
【解説】金融機関の評価というのは、格付会社が金融機関だけではなく国債を発行している政府や、社債などの発行会社などについて、債務の処理能力などを一定の基準に基づいて主観的に評価しているということ。
ということは安定的であるだけではなくパワーにあふれたこれまでにない金融システムを作り上げるためには、銀行など民間金融機関だけでなく行政がお互いが持つ解決するべき問題に積極的に取り組んで解決しなければいかなければならない。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金の内容⇒銀行が扱うことができる資金運用商品の一つである。日本円以外によって預金をする商品である。為替の変動によって発生した利益を得る可能性があるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
西暦2008年9月15日のことである。アメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したことは記憶に鮮明だ。この出来事が発端となって歴史的金融危機のきっかけとなったので「リーマン・ショック」と呼ばれたわけだ。

スポンサーサイト